医療レーザー脱毛のメリットについて

医療レーザー脱毛の仕組みは毛のメラニン色素にのみ反応して吸収された光が熱に変わって毛根を破壊するというシステムです。

そのため、皮膚には影響を与えないため、肌への負担が軽く痛みが少ない脱毛方法です。

名前の通り、医療レーザー脱毛は皮膚科などの医療機関でしか行うことが出来ないので、エステサロンではフラッシュ脱毛などの光の照射量を弱めたものを使用しております。
毛には毛周期というものがあり、成長期、退行期、休止期とあります。

退行期や休止期はメラニン色素が少なかったり、なかったりするのでレーザー脱毛をしても効果がないです。

医療レーザー脱毛を行って効果があるのが成長期にあるムダ毛のみとなるので生え変わりを意識して定期的にクリニックに通うことが効果的です。

何度か照射を繰り返すことによって永久脱毛の効果を得ることができます。医療レーザー脱毛は光の出力が高いので一度施術を行うと毛根そのものを破壊してくれるのでほとんど生えてこないです。

生えてきても産毛程度の細く小さな毛ですので気にならないことが特徴です。

施術時間も短いので身体へのダメージも最小限になります。

医師や看護師などの医療従事者が医療レーザー脱毛を行ってくれるので信頼することができます。

事前に医師が診察してくれるので乾燥肌や敏感肌などの人でも安心して施術に臨むことができます。

痛みが心配な人は麻酔クリームを塗ってくれる医療機関もありますので心配の必要がないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です