医療脱毛ってどういう脱毛?

現在行われている脱毛方法は大きく分けてエステ脱毛と医療脱毛とが存在します。

エステ脱毛はその名の通りエステサロンで行われている脱毛のことで、具体的にはフラッシュ方式という脱毛が採用されています。

医療脱毛は医療レーザー脱毛とニードル脱毛という2種類があり、共通していることは医療行為であり、医療機関でのみ施術が行われているという点です。

医療脱毛は医療機器を使用する医療行為ですので、施術を行う者も特別な医療資格を保有している必要があります。

また施術は皮膚科や美容クリニックなど医師が常駐する医療機関で行われるため、万が一の肌トラブルの際などにも迅速に適切な対応がとられやすいというメリットがあります。

医療レーザー脱毛はムダ毛にレーザーを照射し、毛根部に熱のダメージを与えて細胞を破壊することでムダ毛の成長を抑制し、長期間ムダ毛の生えない状態を作り出すというものです。

一度レーザーで破壊された毛母細胞はその後基本的に半永久的にムダ毛を再生させることがなくなりますので、永久脱毛としても認められています。

ニードル脱毛はムダ毛の毛根ひとつひとつに針を刺し、そこに電流を流し毛母細胞にダメージを与え、ムダ毛の再生機能を停止させるというものです。

こちらも半永久的な効果があり、また毛根ひとつひとつに丁寧に施術をするため、より確実にすべてのムダ毛をなくすことが可能です。

ただし施術に時間がかかり、電流による痛みも強いことから現在は利用者の数は少なくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です