医療脱毛で使用されるレーザーとは

効果が高いとされる医療脱毛ですが、実際の施術内容はどのようなものでしょうか。

基本的には、エステ脱毛などで使用されるのと同じ、レーザーによる脱毛を行うのが主流です。

しかし、クリニックで使用されるレーザー機器は、エステのものとは異なり、より高出力だといわれています。

出力の大きいレーザー機器を使用することで、より効果的に脱毛を行っているのです。

レーザー機器には様々なものがありますが、多くのクリニックで採用されているのが、ダイオードレーザーです。ダイオードレーザーは、メラニン色素に反応する特殊な波長をもっており、これによってムダ毛と毛根に熱を加えます。

強い熱を受けた毛根は破壊され、毛の再生ができない状態となるのです。黒いメラニン色素にだけ反応する特殊なレーザーですから、皮膚細胞にダメージを与えることなく、ムダ毛の毛根だけを破壊することが可能となっています。

ただ、人によってはレーザーの照射中に熱と軽い痛みなどを感じるとされています。

肌の弱い方の場合は、脱毛を始める前に医師としっかり相談しておくことが大切です。

傷みが気になるという場合、クリニックであれば麻酔クリームなどを塗布して対応してもらえます。

これも、エステ脱毛にはない医療脱毛の大きなメリットの一つといえるでしょう。

医療脱毛の魅力は、その効果の高さから、毛の再生が起きにくいという点にあるでしょう。

永久脱毛をしたい、という方には、医療脱毛が向いているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です