怖くない医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、皮膚の上からレーザーの光を当てることで、毛根を破壊していき、ムダ毛を減少させる方法です。

一度破壊されてしまった毛根は、毛を作る機能がなくなるので、お手入れ後の毛の再生率は非常に低くなります。

しかし、口コミなどに医療レーザー脱毛は痛いという感想が多くみられます。
あまりの痛みに通うことを断念してしまったなどの口コミを見ると、通うことが怖くなってしまいます。

痛みに弱い人の場合は、特に恐怖感が勝ってしまい、サロン脱毛を選んでしまいがちです。
医療レーザー脱毛は光の照射レベルが非常に高いので、毛根が光に反応した時に痛みを感じやすい仕組みになっています。

つまり痛いということは、その分効果が出ているということです。

しかし、痛みに耐えられないという場合には、クリニックによっては麻酔を使用して施術を行う場合もあります。

麻酔の種類としては笑気麻酔やクリーム麻酔といった、一時的に効果が出るようなものを使用します。

これによって、痛みを軽減することが出来るので、安心してお手入れを受けることができます。

麻酔を使用できるのも、医療レーザー脱毛を施術するのが医師だからです。

他にも、お手入れ後の肌の状態が悪い場合には、症状にあった薬を処方してもらうことも出来ます。

医師による施術だからこそ、脱毛効果だけでなく、皮膚トラブルなどのアフターケアの面でも安心して任せることが出来ます。

痛みや恐怖心がある場合には、事前に相談しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です