こんな人はレーザー脱毛を受けられない

美容クリニックで医療用のレーザー機器を使って行うレーザー脱毛は非常に安全性が高く、また医師の監修のもとで行うという安心感もあって近年人気が高まっているようです。

一人一人の肌の状態に合わせて正しく行えば危険のないものではありますが、場合によっては施術を受けられないこともあるので注意が必要です。まず、日焼けをしている人や色素沈着のある人はレーザー脱毛を受けられません。

レーザー脱毛はレーザーが黒い色に反応して熱によって毛根と周辺組織にダメージを与えて脱毛するというもの。肌が黒いとそれにも反応してしまい、やけどを起こしてしまうことがあります。色素沈着の場合はその部位だけを避ければ施術が可能です。

ほくろの場合は取れてしまうことがあるので事前に確認するケースが多いようです。また妊娠中の人や思春期以下の子供も受けられません。妊娠中の人はホルモンバランスが通常と違っているため、施術をしても思うような効果が出ない恐れがあること、また肌が敏感になっていてトラブルのリスクが高いことなどから不可とされています。

なおレーザーそのものは胎児に影響を与えることはありません。思春期までの子供の場合はホルモンバランスや毛周期がまだ安定しておらず、やはり十分な効果が見込めないことが理由となっているようです。アトピーやアレルギーのある人の場合は、症状が落ち着いていれば施術が可能です。心配な人は事前に医師の診察を受けると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *