レーザー脱毛の施術の前後は日焼けをしない

レーザー脱毛は、脱毛サロンやクリニックなどで使われる、脱毛する施術のことです。

脱毛をする方法にはいろいろなものがありますが、そのなかでもレーザー脱毛はとても人気のある脱毛方法です。レーザー脱毛の施術を受けるときには、日焼けをしないように気をつける必要があります。日焼けをしていると、レーザーが黒く日焼けした肌に反応してしまい、きれいにムダ毛を処理することができない場合があるので、日焼けはしないように、肌を保護しておくといいです。

レーザーでの脱毛は、レーザーの光が黒いムダ毛の反応してムダ毛を処理します。なので、日焼けはしないようにケアしておくことが大切です。また、当日は施術の後にお風呂に入ることができないので、事前に入っておくことがおすすめです。清潔な肌で施術を受けることができるので、とてもいいです。もし、汗を流したい、というときには、シャワーをさっと使う程度にして、肌をこすったり、バスタブでお湯に入ったりはしないように気をつけるようにします。

シャワーを使った後は、肌を乾燥しないように、たっぷりと化粧水やボディローションなどで保湿しておきます。施術をして数日は肌がレーザーの熱を残しているので、乾燥しやすく、敏感になっています。なので、保湿をしっかりと行うことで、熱を落ち着かせて、乾燥しないように潤いを持たせることができます。レーザー脱毛の施術の後はもちろん、施術を受ける前にも肌をしっかりとケアしておくことはとても大切なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *