持病で薬を服用中でもレーザー脱毛はできるかどうか

レーザー脱毛は効果があるので検討していても、持病があって医薬品の服用をしていたとしたら、病院での施術は受けられるかが不安になります。

病院でのレーザー脱毛をすると気には、健康なのが1番ですし、それが前提にもなります。とはいえ、体調によっては、お薬を飲むこともあります。病院でのカウンセリングを受けての相談にはなりますが、服用をしている医薬品の種類にもよります。飲んでいる薬によって、レーザー脱毛の施術が不可なこともありますし、問題がないケースもあります。

医薬品の種類によって服用をすることで、病院でレーザー光を照射して、肌に色素沈着を起こすことがあるからです。向精神薬を飲んでいての副作用では、日光皮膚炎や光線過敏症を発症することが指摘されています。血圧降下剤や利尿剤、抗生物質や解熱鎮痛薬など、割と身近な医薬品であっても、レーザー光の照射に対して、副作用として過剰反応を起こすことも考えられます。これらの医薬品を服用していることは、必ず病院への申告を必要とします。

そして脱毛が可能かどうかは、その病院のドクターの見解に委ねられることにもなります。医薬品の種類を確認して、ドクターから問題なく施術が受けられると判断があれば、病院でのレーザー脱毛を受けることはできます。健康食品の分類には入りますが、サプリメントを飲んでいる場合でも、念のため申告をしておくことです。光線過敏症のような反応を示す、配合成分も中には存在するからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *