生理中にレーザー脱毛しても大丈夫かどうか

レーザー脱毛は照射をするパーツにもよりますが、施術を何回もして満足な結果を得る脱毛方法です。

毛サイクルにによって一定周期でお手入れをするので、女性は整理にあたることもあります。レーザー脱毛は生理にぶつかっても、施術を受けるのは基本的に問題はない行為です。生理の前後と生理の真っ只中は、いつもよりもホルモンがアンバランスな状態になります。そのため皮膚が敏感になっているので、レーザー脱毛の刺激に対して、かなり敏感に反応を示しやすくなります。いつもよりも痛みを感じやすくなって、場合によっては皮膚に過剰な反応が起こることもあります。

生理が近づいてくると、肌にはニキビができやすくなりますし、肌の状態も良いコンディションとは言えなくなります。ですから生理の時は、いつも以上に皮膚への、マイナスの影響が大きく出やすいことがわかります。生理でも脱毛はできるものの、できるだけ敏感な機関になるので、レーザー脱毛は控える方が無難ではあります。病院に連絡をして施術日の日程をずらしてもらうのが、安心できる方法です。

もしも施術を受けるときには、照射のレーザー光のレベルを、低く設定してもらうなど、看護師にも伝えてみるといいでしょう。でも少しでも心に不安を感じたら、そのまま施術を受けないようにすることです。また、デリケートゾーンに関しては、照射をお断りされる可能性が高くなります。衛生面でのことも考えて、生理の時はVIOパーツは脱毛はお休みするのがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *